アスミールのアレルギー物質について

子供の栄養バランスを考えた成長サポートサプリのアスミールが人気ランキングを独占していますね。

 

 

子供に与える成長サポート飲料ですからアレルギー物質が含まれているかどうかについては心配になって当然でしょう。

 

ここではアスミールのアレルギー物質について詳しくご説明していくことにします。

 

3つの原材料に注意喚起

 

大豆アレルギー

 

 

大豆は以前は鶏卵、牛乳と並んで三大アレルゲンと言われるほどのものでしたが実は純粋な大豆アレルギーについては少ないことが分かっています。

 

  • 醤油
  • 味噌
  • 納豆

 

など長期間発酵させた食品は極めてアレルギーを引き起こしづらいと言われているのでお子さんにも安心して与えることができる食品です。

 

最近では豆乳でアレルギー症状を起こすお子さんが急増しているそうです。

 

大豆は問題なくても豆乳だけに湿疹などの症状が起こるそうですが、純粋に大豆だけで症状が起こることはほとんどありません。

 

アスミールの原料にも大豆は使用されていますが精製されたものなのでアレルギーの可能性は極めて低い原料と言えます。

 

牛乳アレルギー

食物アレルギーの中でも鶏卵に次いで2番目に多いアレルギー物質と言えます。

 

 

アスミールの原料には乳製品が含まれているので過剰に反応してしまうお子さんには注意が必要です。

 

それに高い効果を発揮させる為に牛乳と混ぜて作るのが一般的な作り方なのですが、お子さんが牛乳アレルギーをお持ちの場合はそうはできませんよね。

 

アスミールに限らず成長サポート飲料のほとんどには乳製品は含まれているので、そういったお子さんの場合にはアレルゲンを一切含まないサプリメントを選ぶようにしましょう。

 

 

ネット通販で人気の贅沢のびるんるんは乳製品にアレルギーをお持ちのお子さんに人気となっている商品でもありますので参考までに記載しておきますね。

 

ゼラチン

基本的に植物アレルギーと呼ばれるものはタンパク質が原因で引き起こされます。

 

 

ゼラチンは動物性タンパク質の一種ですのでアレルギーを発症してしまう可能性がないとは言えません。

 

ゼリーやグミなどゼラチンを多く含む加工食品などで痒みや蕁麻疹が出るようであれば注意が必要です。

 

アスミールに含まれているゼラチンは全体の比率から見るとごく少量ですので問題ないことがほとんどみたいですが100%安心とは言えないのが現状です。

 

 

 

お子さんに多いアレルギー物質ともなり得る3つの原材料をご紹介致しました。

 

アレルギー体質であればアレルゲンフリーのサプリメントを選ぶ方が懸命だと個人的には思ってしまいます。

 

命より大切な我が子が愛用するものなので安全が一番ですよね。

 

最近ではアレルゲンフリーの成長サプリも人気となっているので一度調べてみても良いかもしれませんね。

 

 

 

アスミールの関連記事

 

アスミールの解約方法とは?出来ない?電話もメールも応答なし!