アスミールのデメリットについて

成長期の子供の栄養をしっかりサポートしてくれるアスミールが今や大人気となっていますね。

 

 

ネットの口コミや評判でも良いことばかり書かれているこの商品ですが、逆にデメリットはないのしょうか?

 

と気になる方も多いはずです。

 

どんなに高品質な商品でも少なからずデメリットはあるはずですからね。

 

そこでここでは、アスミールのデメリットについて詳しくまとめた内容となっております。

 

アスミールの4つのデメリットまとめ

 

 

ネットの口コミや実際に体験談から分かったアスミールのデメリットについてご紹介していくことにします。

 

アレルギーがある子は飲めない

アスミールには大豆やゼラチンなどのアレルギーのリスクが伴う原料が使用されています。

 

ですので、成分表の中にアレルギー成分が当てはまるようであれば飲むことはできません。

 

基本的には副作用などの心配は一切なく、安心して飲むことができるのですがアレルギーだけには要注意です。

 

味のバリエーションが少ない

 

親が子供に大きくなってほしいですから、アスミールのような素晴らしい栄養補助食品はぜひ買ってあげたいですよね。

 

ですが肝心の子供は「美味しくなければ飲んではくれません。」

 

だからこそ好みの味が選べれば良いのですが、アスミールはココア味とイチゴミルク味の二つしか味のバリエーションがありません。

 

セノビックなんかは5つもバリエーションがあるのでこれから改良してほしい点でもありますよね。

 

さすがに2つの味から選ぶのはいくらなんでも淋しすぎると思いませんか?

 

即効性はない

アスミールを飲んでいるからといって、1ヶ月や2ヶ月で急激に背が伸びるなんてことはありません。

 

成長期の栄養補助を目的としているので、効果が実感できる期間には個人差が大きく関係します。

 

ネットの口コミでは、2年間飲んでやっと効果が出た!という方もいるほどです。

 

だからこそ成長期の栄養補給として続ける気がないのであれば、買わない方が良いかと思います。

 

市販の商品よりも価格が高い

ミロやセノビックなんかと比べると、アスミールの価格はちょっとだけ高く感じてしまうかもしれません。

 

初回価格はたったの540円ですが、2回目以降からは値上がりします。

 

しかもこの定期購入には、3回継続という条件付きですので続けるつもりでなければ購入のハードルは高いと言えるでしょう。

 

 

 

アスミールにはデメリットもありますが、それ以上に大きなメリットがたくさんあります。

 

価格=品質が高いということですので、セノビックやミロよりもちょっとだけ高いですが子供の為なので出費は惜しみません。

 

アルギニンや亜鉛といった市販の商品には配合されていない成分が豊富に配合されていますので、このお手頃価格でこれだけの品質は他にはありませんよ。

 

 

 

アスミールの関連記事

 

アスミールの解約方法とは?出来ない?電話もメールも応答なし!